アークエルテクノロジーズ株式会社の情報

福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号FukuokaGrowthNext

アークエルテクノロジーズ株式会社についてですが、推定社員数は11~50人になります。所在地は福岡市中央区大名2丁目6番11号FukuokaGrowthNextになり、合同会社アウルが近くにあります。法人番号について「9290001082380」になります。
アークエルテクノロジーズ株式会社に行くときに、お時間があれば「福岡県立美術館」に立ち寄るのもいいかもしれません。


法人名フリガナ
アークエルテクノロジーズ
住所
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号FukuokaGrowthNext
google map
推定社員数
11~50人
地域の企業
3社
合同会社アウル
福岡市中央区大名1丁目4-30-401
合同会社ベルツー
福岡市中央区大名2丁目2番7号大名センタービル6F
合同会社星海
福岡市中央区大名2丁目2番7号大名センタービル6F
地域の観光施設
3箇所
福岡県立美術館
福岡市中央区天神5-2-1
福岡市植物園
福岡市中央区小笹5-1-1
福岡市動物園
福岡市中央区南公園1-1
地域の図書館
2箇所
福岡市中央図書館
福岡市中央区赤坂2丁目5-8
福岡市大名公民館図書室
福岡市中央区大名2丁目6-53
法人番号
9290001082380
法人処理区分
新規

アークエルテクノロジーズ、今治市の中小企業脱炭素化モデル創出事業を受託
2024年05月22月 10時
市内の中小企業向け脱炭素化伴走支援を実施今治市内の中小企業等に対して、脱炭素への取組をサポートするためのセミナーや伴走支援を実施 GHG(温室効果ガス)排出量の見える化、削減計画や設備投資計画の策定をサポート
アークエルテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:宮脇良二、以下「AAKEL」)は、今治市より市内の中小企業を対象とした「今治市中小企業等先導的脱炭素化モデル創出支援業務」を受託しました。本事業では、企業の選定/各企業のカルテ作成、脱炭素化伴走支援、事例集の作成などを行います。
伴走支援では、セミナーの開催、GHG排出量算定、削減計画立案、設備投資計画の実行及び補助金申請手続き等に対する支援を行います。
「今治市中小企業等先導的脱炭素化モデル創出支援業務」概要
本事業では、市内の中小企業に対し、市と専門家等が伴走支援を行うことにより、確実なCO2排出量削減を実施して先導的な脱炭素化モデル企業を創出する。本事業での取組を市内事業者に横展開することで、中小企業の脱炭素化取組における課題や懸念を払しょくし、市全体の脱炭素化を効率的に進める。 (期間:契約締結日から2025年2月28日まで)
【事業関連ホームページ】
選考結果:https://www.city.imabari.ehime.jp/kankyou/proposal/03/#kekka
企業募集:https://www.city.imabari.ehime.jp/kankyou/info/004/

市内の中小企業向け脱炭素化伴走支援実施今治市内の中小企業等


企業・自治体向け脱炭素化サービスを提供する福岡発スタートアップのアークエルテクノロジーズ、佐賀県の令和6年度GXモデル企業創出事業に採択
2024年04月30月 10時
県内の中小企業向けGX経営伴走支援を実施佐賀県内の中小企業に対して、脱炭素経営をサポートするためのセミナーや伴走支援を実施 GHG排出量の見える化、計画策定、実行、社内教育をサポート
アークエルテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:宮脇良二、以下「AAKEL」)は、佐賀県より脱炭素経営に取り組む中小企業を対象とした「令和6年度GX(グリーントランスフォーメーション )モデル企業創出業務」を受託しました。本事業では県内企業のGX経営伴走支援、セミナーの開催、動画の作成などを行います。 GX経営伴走支援ではGHG排出量算定、削減計画立案、削減計画の実行及び取組開示、参加企業の従業員向けワークショップ開催などの支援を行います。
「令和6年度GX(グリーントランスフォーメーション )モデル企業創出業務」概要
本事業は、県内企業に対し、県が伴走支援を行うことにより、脱炭素や温暖化対策を経済の成長・発展につなげるGXのロールモデルとなる企業を創出するとともに、そこで得られた知見や取組事例等を横展開することで、県内企業のGXの取組を支援する。
期間:契約締結日から2025年3月7日まで

県内の中小企業向け GX経営伴走支援実施佐賀県内の中小企業


デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現するアークエルテクノロジーズ、プレシリーズA 総額2億2,500万円資金調達を実施、資本業務提携を締結
2024年03月06月 15時
デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現するアークエルテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮脇 良二、以下「当社」)は、プレシリーズAラウンドとして第三者割当増資による総額2億2,500万円の資金調達を実施(合計5社)、事業会社パートナー/CVCとの資本業務提携契約を締結いたしました。

デジタルイノベーション脱炭素化社会

プレシリーズAラウンドにおける引受先は、中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市東区東新町1番地)、フソウホールディングス株式会社(本社:東京都中央区日本橋室町二丁目3番1号)、関西電力グループの合同会社K4 Ventures(所在地:大阪市北区中之島三丁目6番16号)、三菱HCキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区丸の内一丁目5番1号)、東京海上ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区大手町二丁目6番4号)の合計5社となります。
資金調達の目的・今後の展開
カーボンニュートラルの社会実装がいよいよ本格的に普及拡大するステージに入り、当社は自社開発した2つのサービスであるスマート充放電管理サービス「AAKEL eFleet(アークエル イーフリート)」とGHG排出量可視化・削減策シミュレーションサービス「AAKEL eCarbon(アークエル イーカーボン)」が大きく飛躍するタイミングと捉えています。今回の資本業務提携により、この2つのサービスを社会実装していくためのエコシステムを事業会社パートナーの皆様と一緒に創出し、サービスの展開スピードを高めて参ります。今回の資金調達により、サービスの向上に向けたシステムの機能拡充、グローバル展開も見据えたシステムの基盤強化、マーケティング活動を展開いたします。
概要
資金調達額:総額2億2,500万円
調達方法:第三者割当増資
引受先企業:中部電力株式会社、フソウホールディングス株式会社(FUSO-SBI Innovation Fund )、関西電力グループ(合同会社K4 Ventures)、三菱HCキャピタル株式会社、東京海上ホールディングス株式会社の合計5社(アルファベット順)
引受先企業からのコメント(アルファベット順)
中部電力株式会社 / 事業創造本部部長 / 石川 和明
カーボンニュートラルに向けたデジタルサービス提供の領域においては、様々な企業が独自のアイディアをベースに凌ぎを削っている状況にあります。こうした中で、アークエルテクノロジーズが提供するソリューションは、再生可能エネルギー導入ならびにEV充電に伴う電気料金の最適化をコアなコンセプトに掲げ、EMS連携からフリートマネジメントまでをスコープとした国内唯一の大変優れたソリューションであります。今後、この領域での更なる進化と発展を期待しております。EV普及に伴い想定される社会課題の解決に向け共にスピード感を持って切磋琢磨し、脱炭素社会の実現に貢献して参りましょう。
フソウホールディングス株式会社(FUSO-SBI Innovation Fund)/ 代表取締役社長 / 角 尚宣
「2050年カーボンニュートラル」が宣言されて以降、企業活動のみならず自治体においても「ゼロカーボンシティ」をはじめとする、地域の特性に合わせた脱炭素化への取組みが必要とされています。アークエルテクノロジーズは、類を見ない高いコンサルティング力と様々な実証実験結果を通じて優れたソリューションを提供されており、将来的には両社の事業シナジーによる各自治体の取組みに対するソリューション提案などを通じて「地域社会の課題解決」に新たな価値提供ができるものと確信しております。
関西電力グループ (合同会社K4 Ventures)/ 職務執行者 / 神田 康弘
カーボンニュートラルの潮流が加速する中、アークエルテクノロジーズは、様々な実証等を通して、デジタルテクノロジーを活用した脱炭素化に資するソリューションサービスを開発されており、気候変動という大きな社会問題の解決に貢献できるスタートアップ企業と確信しております。スマート充放電はアークエル!と言われるような存在となることを期待しております。力をあわせて、カーボンニュートラル社会の実現に向けて、チャレンジしていきましょう!
三菱HCキャピタル株式会社 / 常務執行役員 モビリティ事業本部長 / 石巻 尚
三菱HCキャピタルグループは、2023年4月に始動した「2023~2025年度中期経営計画」において、組織横断で取り組む重要テーマに、「EV関連」「脱炭素ソリューション」などを掲げています。
今般の資本業務提携により、両社の強みを融合し、企業の脱炭素化・EV化で重要な要素となるエネルギーマネジメント機能を含む、新たな統合型サービスを構築、お客さまへの提供を通じて、社会価値の創出を図ります。
当社代表取締役 宮脇 良二のコメント
我々は、カーボンニュートラルの実現に向けて不可欠となる機能についてのデジタルサービスを開発しており、そのサービスを社会実装していくことが気候変動問題という大きな社会課題の解決につながると強く信じております。今回、この大きなチャレンジに対し、志を共有し、一緒に課題解決に取り組む企業様との業務資本提携を結ばせていただくことができ、大変光栄に存じます。本契約にあたり関わってくださっているすべての皆樣に感謝を申し上げると共に、今後もチーム一丸となってチャレンジして参る所存です。
当社受賞実績等
・ 米Cleantech Group 2022 APAC Cleantech 25 list に選出
・ 国際認証「B Corp(B Corporation)」を取得
・ 令和5年度 新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞」を受賞
・ NIKKEI脱炭素アワード2021の研究部門において奨励賞を受賞
・ Forbes JAPAN 200 SUPERSTAR ENTREPRENEURSに選出
・ エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード2021を受賞
当社ソリューションサービス

デジタルイノベーション脱炭素化社会

AAKEL eFleet(アークエル イーフリート)
スマート充放電管理サービス
EVの最適充電と運行管理を全て一括管理・自動化するソフトウェアサービスです。AIとIoTを活用し、最も安い時間帯に必要な電力を充電するようコントロールします。
https://aakel.co.jp/eFleet/top
AAKEL eCarbon (アークエル イーカーボン)
GHG排出量可視化・削減策シミュレーションサービス
GHG(温室効果ガス)の排出量削減を支援するソフトウェアサービスです。排出量の算定・可視化だけでなく、次のステップとなる排出量削減目標達成に向けた最適策を提案。また、排出削減量もシミュレート可能です。
https://aakel.co.jp/ecarbon
会社概要
アークエルテクノロジーズ株式会社は「デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現する」を企業目的に掲げています。気候変動問題の解決とビジネスとの両立を目指し、カーボンニュートラルに向けたデジタルサービスの提供とカーボンニュートラルを目指す企業向けのコンサルティング事業を展開しており、GHG排出量の計測から戦略策定、実行・運用までを一気通貫で提供する体制を整えています。
当社ではEVスマート充電と運行管理を一括自動化、EVグリッド統合を見据えたV2Xを最適制御する「AAKEL eFleet」と、GHG排出量計測・削減策シミュレーションを行う「AAKEL eCarbon」を提供。また、環境と地球を守るために持続可能な実践を支援し、地元福岡でのビーチクリーン、植樹活動、間伐材の有効活用支援、地元小学生を対象にしたSDGs作文コンテストの開催を定期的に行なっています。 2022年にAPAC Cleantech 25のリストにも掲載され、アジア太平洋地域の重要25社として、エネルギー&パワー分野において日本では唯一の企業として選出。2023年には、国際認証「B Corporation(B コーポレーション)を取得しました。
アークエルテクノロジーズ株式会社

デジタルイノベーション脱炭素化社会


デジタルイノベーション脱炭素化社会


アークエルテクノロジーズ、京都府「サプライチェーン脱炭素化支援事業」への支援を開始
2024年02月09月 10時
中小企業支援「排出量削減計画策定とSBT等の国際認証取得」
ウェビナー登壇「京都地球環境の日オンラインウェビナー」
アークエルテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:宮脇良二、以下「AAKEL」)は、2024年2月6日(火)に京都府より受託し、サプライチェーンの脱炭素化を目指す京都府内企業を対象とした「サプライチェーン脱炭素化支援事業」への支援を開始します。AAKELは、中小企業に対してScope1,2の算定とSBT等の国際認証取得に向けた削減計画の策定支援を行います。また、サプライチェーンに含まれる上場企業に対しヒアリングを行いサプライチェーンの脱炭素化を推進するための手法の検討を支援します。支援の一環として2月20日(火)には事業者向けの「京都地球環境の日オンラインウェビナー」にAAKEL代表取締役CEOの宮脇 良二が登壇いたします。
「サプライチェーン脱炭素化支援事業」概要
本事業は、サプライチェーンの脱炭素化に取り組もうとする京都府内企業に対し、省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの導入等により国際的に求められる水準を踏まえた計画策定支援等を行うことを目的としています。
期間:契約締結日から2024年3月15日まで
本事業公式ホームページ:https://www.pref.kyoto.jp/tikyu/news/esg2023.htm

中小企業支援排出量削減計画策定

事業内容

中小企業支援排出量削減計画策定


ネットゼロに向けたスマート充放電管理システム及びエネマネシステムを提供するアークエルテクノロジーズ 令和5年度 新エネ大賞「新エネルギー財団会長賞」を受賞
2024年02月01月 10時
デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現するアークエルテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮脇良二、以下「当社」)は、2024年1月31日(水)にセクターカップリングPower to Mobility(パワートゥーモビリティ)を実現する「AAKEL eFleet (アークエル イーフリート)」(以下「AAKEL eFleet」)において、一般財団法人新エネルギー財団が主催する令和5年度 新エネ大賞の新エネルギー財団会長賞 【分散型新エネルギー先進モデル部門】 を受賞いたしました。

デジタルイノベーション脱炭素化社会

新エネ大賞について
一般財団法人新エネルギー財団が毎年主催する表彰制度です。新エネルギーの一層の導入促進と普及及び啓発を図るため、新エネルギーに係る商品及び新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、そのうち優れたものを表彰するものです。(公式サイト:https://www.nef.or.jp/award/
「AAKEL eFleet」の受賞について
本サービスは、電力の市場価格を監視し、それを踏まえてEVへの充電を行うサービスです。 通信システム等を介して、電力価格とEVの充電状態とを連動した最適充電サービスであり、再生可能エネルギーの出力制御にも貢献できるモデルとして評価いただきました。 2023年からサービスを開始しており、更なる利用の拡大を期待していただき、受賞となりました。
AAKEL eFleet : https://aakel.co.jp/eFleet/top

デジタルイノベーション脱炭素化社会

「AAKEL eFleet」開発経緯
再生可能エネルギー(以下 再エネ)の普及に伴い、当社の本拠地である九州エリアでは晴れた日の出力抑制が年々増加傾向にあり、大きな課題となりつつあります。出力抑制が増えると、再エネから得られる収益が減り、投資家の期待する収益率が低下するため、再エネ普及の大きな足枷となる懸念があります。この課題解決には電力系統のフレキシビリティの確保が必要となります。フレキシビリティの確保には様々な手段が提示されていますが、当社はその手段の1つとしてEV充電に着目し、プロダクトを開発いたしました。

デジタルイノベーション脱炭素化社会

「AAKEL eFleet」の特長
ネットゼロに向けたスマート充放電管理システム及びエネマネシステムを提供するサービスです。本サービスは、Power to Mobilityの実現と同時に、EV充電に伴う時間やコスト等に関する様々なユーザー課題を解決することができるプラットフォームを構築しています。
1.複数のEVの充電時間・充電量を考慮した配車スケジュールを算出
2.複数のEVが複数のEV充電器に接続されている時に、どのEVにどれだけの電流で充放電するかを自動制御
3.お客様ごとに異なる契約の電力メニューを参照し、安い時間帯で優先的に充電、再エネを効率的に活用  

デジタルイノベーション脱炭素化社会

会社概要
アークエルテクノロジーズ株式会社は「デジタルイノベーションで脱炭素化社会を実現する」を企業目的に掲げています。当社は、気候変動問題の解決とビジネスとの両立を目指し、カーボンニュートラルに向けたデジタルサービスの提供とカーボンニュートラルを目指す企業向けのコンサルティング事業を展開しています。カーボンニュートラルの計測から戦略策定、実行・運用までを見据えたソリューションシリーズを構築します。
当社は、環境と地球を守るために持続可能な実践を支援し、地元福岡でのビーチクリーン、植樹活動、間伐材の有効活用支援、地元小学生を対象にしたSDGs作文コンテストの開催を定期的に行なっています。  2022年にAPAC Cleantech 25のリストにも掲載され、アジア太平洋地域の重要25社として、エネルギー&パワー分野において日本では唯一の企業として選出。2023年には、国際認証「B Corporation(B コーポレーション)を取得しました。
AAKEL eFleet : https://aakel.co.jp/eFleet/top
AAKEL eCarbon : https://aakel.co.jp/ecarbon

デジタルイノベーション脱炭素化社会

アークエルテクノロジーズ株式会社
代表取締役 宮脇良二
設立 2018年8月1日
社員数 45名
HP https://aakel.co.jp/
本社所在地 福岡市中央区大名2丁目11-13 大名偕成ビル7F
事業内容
カーボンニュートラルに向けたデジタルサービスの提供
カーボンニュートラルを目指す企業向けコンサルティング

広告:AMAZONに登録されている商品(掲載されている企業と関連性がない場合があります。)
AMAZON用広告.ディーアーク 15th.