SambaNova Systems Japan合同会社の情報

東京都港区南麻布3丁目19番23号オーク南麻布ビル2階

SambaNova Systems Japan合同会社についてですが、推定社員数は1~10人になります。所在地は港区南麻布3丁目19番23号オーク南麻布ビル2階になり、株式会社アイコンが近くにあります。法人番号について「7010403025982」になります。
SambaNova Systems Japan合同会社に行くときに、お時間があれば「泉屋博古館東京」に立ち寄るのもいいかもしれません。


法人名フリガナ
サンバノバシステムズジャパン
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目19番23号オーク南麻布ビル2階
google map
推定社員数
1~10人
地域の企業
3社
株式会社アイコン
港区南麻布5丁目10番27号
株式会社アイ・ディー・ディー
港区南麻布2丁目14番19号オキノビル201
麻布成形株式会社
港区南麻布2丁目9番10号
地域の観光施設
1箇所
泉屋博古館東京
港区六本木1-5-1
法人番号
7010403025982
法人処理区分
新規

米ロスアラモス国立研究所とエネルギー省の国家核安全保障局がSambaNova Suiteを選択し、生成AIと大規模言語モデルを推進
2023年11月15月 07時
ロスアラモス国立研究所は国家安全保障、科学、技術、工学プロジェクトのAIワークロードを実行するため、既存のSambaNova DataScale(R)を拡張するとともにSambaNova Suiteを採用業界で唯一(*注1)のフルスタックAIプラットフォームベンダーであるSambaNova Systemsは、米エネルギー省国家核安全保障局とロスアラモス国立研究所と、研究所のシミュレーションのニーズを促進する戦略的パートナーシップを締結しました。
ロスアラモス国立研究所は連邦政府から資金を得て国家核安全保障局のために研究、開発をしています。ロスアラモス国立研究所とSambaNovaは以下の2つでパートナーシップを拡充します。
SambaNova DataScaleをスケールアップし、研究所の生成AIと大規模言語モデルの能力を向上させるためにAIワークロードを高速化
SambaNova Suiteを採用し、生成AIと大規模言語モデル技術を推進
「ロスアラモス国立研究所は広範な国家安全保障任務を推進するために生成AIに投資しています」とロスアラモス国立研究所の国家安全AI局長ジェイソン・プルエ氏は述べています。
国家核安全保障局先端シミュレーション・コンピューティング(ASC)プログラムディレクターのタク・ホワン氏は次のように述べています。「エクサスケールスーパーコンピューティング時代の幕開けに際し、現在および今後数年間の任務目標を支援するために、ASCのコンピューティングエコシステムの一部としてAIへの依存がますます高まっています。ASCプログラムに貢献し、生成AIと大規模言語モデル技術を進歩させるために、SambaNova Systemsの既存の展開を拡大することを嬉しく思います。」
SambaNova Systemsで製品担当上級副社長のマーシャル・チョイは次のように述べています。「本日発表された複数年に渡る契約はロスアラモス国立研究所との既存のパートナーシップを拡大するものです。このパートナーシップは、最も困難な基盤モデルやディープラーニングのワークロードにおいて、GPUベースのシステムに対するSambaNovaのパフォーマンスの優位性を示すものです。これは、ロスアラモス国立研究所での国家的な取り組みを加速し、それに影響を与えるより多くの実験とより多くの発見が可能になることを意味します。」
インターナショナルデータ社でパーフォーマンスインテンシブコンピューティング部門副社長のピーター・ラッテン氏は次のように述べています。「生成AIと大規模言語モデルは、企業、政府機関、社会を変革する大きな可能性を示しています。ロスアラモス国立研究所がSambaNovaのようなディープテック・イノベーターと協業していることは、私たちがインパクトのある実装に移行したことを明確に示しています。」
SambaNova SystemsのCEOのロドリゴ・リアンは次のように述べています。「ロスアラモス国立研究所は生成AIと大規模言語モデルを拡張することに注力しており、そのために研究所全体でSambaNovaの技術を採用しました。SambaNova Suiteソリューションは、生成AIをオンプレミスで展開するための最も迅速かつ安全な方法を提供し、企業の最大のイノベーション課題を解決します。」
SambaNova Suiteについて
SambaNova Suite(https://sambanova.ai/jp/products/sambanova-suite/)は、企業や政府機関向けに最適化された、半導体からモデルまで世界初(*注1)のフルスタックの生成AIプラットフォームです。インテリジェントなSN40L半導体によって強化されたSambaNova Suiteは、オンプレミスまたはクラウドで提供される完全に統合されたプラットフォームであり、最先端のオープンソースモデルを活用し、お客様自身のデータを利用して簡単かつ安全にファインチューニングを行うことが可能で、より高い精度を実現することができます。お客様は自身のデータを適用したモデルの所有権を永続的に保持できるため、生成AIを最も価値ある資産に変えることができます。
ロスアラモス国立研究所について
ロスアラモス国立研究所(https://www.lanl.gov/)は、国家安全保障のための戦略的科学に従事する学際的研究機関であり、トライアッドによって運営されています。トライアッドは、以下の3つの設立メンバーによって均等に所有される公共サービスのための国家安全保障科学組織です。バテル記念研究所(Battelle Memorial Institute)、テキサスA&M大学システム(TAMUS)、エネルギー省国家核安全保障局のためのカリフォルニア大学リージェンツ(UC)
ロスアラモス国立研究所は、米国の核兵器備蓄の安全性と信頼性を確保し、大量破壊兵器からの脅威を軽減する技術を開発し、エネルギー、環境、インフラ、健康、および世界的な安全保障に関する問題を解決することにより、国家安全保障を強化しています。
SambaNova Systemsについて
最先端の生成AI機能を企業内に迅速に展開するために、SambaNovaに注目が集まっています。SambaNovaのエンタープライズスケールのために構築されたAIプラットフォームは、次世代の生成AIコンピューティングのための技術的バックボーンです。
カリフォルニア州パロアルトに本社を置くSambaNova Systemsは、業界の著名人や、サン・マイクロシステムズ/オラクルおよびスタンフォード大学のハードウェアおよびソフトウェア設計の専門家によって、2017年に設立されました。投資家には、SoftBank Vision Fund 2、BlackRock、Intel Capital、GV、Walden International、Temasek、GIC、Redline Capital、Atlantic Bridge Ventures、Celestaなどが含まれています。詳細については、sambanova.ai (https://sambanova.ai/)をご覧いただくか、info@sambanova.ai までご連絡ください。LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/sambanova/)でSambaNova Systems をフォローしてください。日本語サイト:https://sambanova.ai/jp/
*注1:自社で継続的に世界の市場を調査しています。2023年11月現在、世界の市場においてAI半導体を製造している企業のうち、サーバーシステム、ソフトウェア、ソリューションまでフルスタックで開発しているのはSambaNova Systemsだけです。

SambaNova Systemsが理化学研究所にSambaNova DataScaleを提供
2023年03月02月 09時
Society 5.0時代の研究に向け、スーパーコンピュータ「富岳」とAIの融合を加速SCA2023、シンガポール、2023年3月1日- AIとディープラーニングのアプリケーションを実行するための業界唯一の包括的なソフトウェア、ハードウェア、ソリューションプラットフォームを提供するSambaNova Systemsは、理化学研究所計算科学研究センター(以下、R-CCS)にSambaNova DataScaleシステムを提供します。このシステムはSociety 5.0時代に向けたデジタルツインの研究など、スーパーコンピュータ「富岳」とAIの融合を加速するための新しいリソースとして利用されます。
「R-CCSへのSambaNovaのシステムリソースの提供により、「富岳」によるHPCシミュレーションとAIの融合を加速する新たな選択肢が追加されます」と、R-CCSの松岡聡センター長は語っています。「新しいSambaNovaのシステムは、Society 5.0時代に向けたデジタルツインを中心としたサイエンスのプラットフォームを構築するための、HPCとAIの融合の研究を後押しすることでしょう。」

 Society5.0時代の研究

R-CCSの研究者は、SambaNovaのシステムを超高解像度の3次元コンピュータービジョンの精度向上のためのサロゲートモデルの開発に活用し、より精緻な高速道路などの社会インフラ点検など、従来技術では扱うのが困難であった超高解像度画像データセットの処理などの評価に利用する予定です。
SambaNova Systemsのカントリーセールスディレクターである鯨岡俊則は、「世界最高クラスのスーパーコンピュータ「富岳」とSambaNovaが連携し、Society 5.0時代に向けた取り組みに貢献できるのをうれしく思います」と述べています。「SambaNovaは独自の再構成可能なデータフローアーキテクチャを採用し、その大容量メモリにより、512x512x512を超える、より高解像度の3D画像を処理できる包括的なAIソリューションを提供しています。「富岳」との連携により、デジタルツインシミュレーションのための新たなリソースを提供します。」
理化学研究所計算科学研究センター(R-CCS)について
高性能計算科学分野における世界トップレベルの研究センターとして、2021年3月に共用を開始したスーパーコンピュータ「富岳」を管理・運用しています。社会的・科学的課題の解決に貢献し、ビッグデータや人工知能など新たなIT分野も加速するシステムを提供しています。また、日本政府が進めるSociety 5.0の実現を加速すべく、さまざまな分野で社会実装に向けた取り組みを積極的に行っています。
SambaNova Systems について
最先端の生成AI機能を企業内に迅速に展開するために、SambaNovaに注目が集まっています。 SambaNovaのエンタープライズスケールのために構築されたAIプラットフォームは、次世代の生成AIコンピューティングのための技術的バックボーンです。
カリフォルニア州パロアルトに本社を置くSambaNova Systemsは、業界の著名人や、サン/オラクルおよびスタンフォード大学のハードウェアおよびソフトウェア設計の専門家によって、2017年に設立されました。投資家には、SoftBank Vision Fund 2、BlackRock、Intel Capital、GV、Walden International、Temasek、GIC、Redline Capital、 Atlantic Bridge Ventures、Celestaなどが含まれています。sambanova.ai をご覧いただくか、info@sambanova.ai までご連絡ください。Linkedinで SambaNova Systems をフォローしてください。

SambaNovaが生成AI機能を企業向けに提供
2023年03月01月 09時
新しいSambaNova Suiteにより最も正確な事前学習済みの生成AIモデルとオープンソースモデルを提供2023年2月28日、カリフォルニア州パロアルト - 生成AIを支える事前学習済みファンデーション(基盤)モデルを初めて市場に投入したSambaNova Systemsは、オンプレミスまたはクラウドで展開される、企業向けの最も精度の高い生成AIモデルを集めた新しいSambaNova Suiteを発表します。
「どの分野であれ、企業が競争力を持ち続けるためには、生成AI機能を備えた独自の基盤モデルが必要になります。新しいSambaNova Suiteは、オンプレミスまたはクラウドで、既存のワークフローやアプリケーションに安全かつオープンに組み込まれ、企業全体で生成AIを迅速に導入することができます」と、SambaNova Systemsの製品担当上級副社長のMarshall Choy氏は述べています。
SambaNova Suiteは、最先端のオープンソースモデルと、SambaNovaによって事前学習されたSambaNova GPTのようなモデルの両方を提供し、いずれも企業のデータを使ってファインチューニングすることでより高い精度を得ることができます。SambaNova SuiteはシンプルなAPIで簡単にアクセスでき、既存のビジネスプロセスと統合することですぐに価値を提供します。
「生成AIは、世界の注目、興奮、想像力を集めています。いまSambaNovaは企業向けに精度の高い生成AIモデルを最適化し、企業が独自のデータをモデルに適用し、クラウドやデータセンターなどあらゆる場所で展開することを可能にしています。これにより生成AIは単なる誇大宣伝や興奮から、企業に真の価値を提供するものへと進化することができるのです」とIDCで人工知能・自動化マーケットリサーチを担当するグループ副社長のRitu Jyoti氏は述べています。
Samba Suiteは以下の機能を提供します:
企業向けに最適化された、最も精度の高い事前学習済み生成AIモデル
競合他社に先駆けて最新モデルの恩恵を受けることができる最新のオープンソースモデル
お客様の環境、お客様自身のデータでファインチューニングされ、最高レベルのセキュリティ、柔軟性、機密保持を実現する、お客様によるモデルのオーナーシップ
他のクラウドベースの代替製品よりも柔軟なドメイン適応とデータガバナンスを実現する、モデル学習のための専用モデルバックボーン
拡張性があり、AI導入のさまざまな段階にある企業のニーズに対応する、エンタープライズクラスのセキュリティ
モデル開発と推論に最適化され、SambaNova DataScale(R)プラットフォームで動作する、完全に統合されたフルスタックAIプラットフォーム
インフラを完全に制御するためのデータセンターでのオンプレミス展開や、展開が容易なクラウドサービスとしての利用を可能にする、柔軟な展開
SambaNova Suiteには以下のアプリケーションがあります:
SambaNovaコンタクトセンターインテリジェンスは、生成AIを使用して、コンタクトセンターにリアルタイムで高度にパーソナライズされた情報を提供し、顧客体験の向上、顧客維持の強化、業務効率の向上、データガバナンスと規制遵守の合理化を実現します。
SambaNovaドキュメントインテリジェンスは、企業が自然言語を使用して、あらゆるボリュームの最も複雑なドキュメントから実用的な情報を管理、理解、抽出することを可能にします。
「生成AIによって、今後1年間でビジネスは急速に変化していくでしょう」とSambaNova SystemsのCEOであるRodrigo Liangは述べています。「解決しなければならない課題は、企業がいかにしてイノベーションを活用し、エンタープライズ環境での生産性を高めるかです。それがSambaNova Suiteの役割です。」
SambaNova Suiteと企業における生成AIの未来について詳しく知りたい方は、2023年3月2日午前9時(太平洋標準時)より視聴可能なウェビナーにお申し込みください。
SambaNova Suiteについて
SambaNova Suiteは、企業、政府機関、スタートアップ企業向けに最適化された、最も正確で統合されたフルスタック生成AIプラットフォームを提供します。オンプレミスまたはクラウドで展開可能なSambaNovaの統合AIプラットフォームを通じて提供されるSambaNova Suiteは、既存のビジネスプロセスにシームレスに統合し、ビジネス変革を可能にします。顧客データを使用してさらに改良できる能力を備えたこれらのモデルは、エンタープライズグレードのセキュリティとデータガバナンスを実現しながら、比類のない精度を実現できます。
SambaNova Systemsについて
最先端の生成AI機能を企業内に迅速に展開するために、SambaNovaに注目が集まっています。 SambaNovaのエンタープライズスケールのために構築されたAIプラットフォームは、次世代の生成AIコンピューティングのための技術的バックボーンです。
カリフォルニア州パロアルトに本社を置くSambaNova Systemsは、業界の著名人や、サン/オラクルおよびスタンフォード大学のハードウェアおよびソフトウェア設計の専門家によって、2017年に設立されました。投資家には、SoftBank Vision Fund 2、BlackRock、Intel Capital、GV、Walden International、Temasek、GIC、Redline Capital、 Atlantic Bridge Ventures、Celestaなどが含まれています。sambanova.ai をご覧いただくか、info@sambanova.ai までご連絡ください。LinkedinでSambaNova Systemsをフォローしてください。
SambaNova、新しいスピードテストでNVIDIAを圧倒
2024年5月30日 9時
Samba-1 Turboが毎秒1000トークンの性能を発揮、Artificial Analysis社のベンチマークでトップに
SambaNova Systems、半導体業界のベテランであるLip-Bu Tan氏をエグゼクティブチェアマンとして迎え入れる
2024年5月20日 22時
米国カリフォルニア州パロアルト、2024年5月20日 — フルスタックAIプラットフォームに組み込まれた最速モデルと最も効率的な半導体のメーカーであるSambaNova Systems(https://sambanova.ai/ja/)は、半導体業界のビジョナリーであるLip-Bu Tan氏を新しいエグゼクティブチェアマンに任命したことを発表しました。
この発表は生成AIへの関心が高まる中、SambaNovaが飛躍的な成長を遂げている中で行われました。
SambaNova、Fugaku-LLMをSamba-1 Composition of Expertsのエキスパートに導入
2024年5月13日 16時
ISC24、ドイツ・ハンブルグ、2024年5月13日− SambaNova Systems(https://sambanova.ai/ja/)は本日、日本最速のスーパーコンピュータ「富岳」で学習された日本語に特化した大規模言語モデルで、5月10日にHugging Faceに公開された「Fugaku-LLM」を、SambaNovaの独自技術であるSamba-1 Composition of Experts(CoE)のエキスパートとして導入したことを発表しました。
SambaNova、オープンソースLLMのスピードと精度を比較できるSambaverseを発表
2024年3月7日 9時
SambaNova Systems(https://sambanova.ai/ja/)は開発者が何百ものオープンソースの大規模言語モデル(LLM)を試し、任意のアプリケーションに対する応答を単一のエンドポイントから直接比較できるユニークなプレイグラウンドとAPIであるSambaverse(https://sambaverse.sambanova.net/)を発表しました。
Sambaverseを使うと、Hugging Face(https://huggingface.co/)で公開されている最も人気のあるモデルの中から、開発者は一つのプロンプトで複数の大規模言語モデルを比較することができます。
プロンプトを入力するとSambaverseは各モデルに同時に質問し、その応答をリアルタイムで表示します。